目を健康に保つために|目の疲れにとっておきの妙薬|現代病に打ち勝つ

目の疲れにとっておきの妙薬|現代病に打ち勝つ

カップル

目を健康に保つために

男性

目の疲れを放置しないこと

眼精疲労というものは、単純に目が疲れている状態を指している言葉ではありません。いわゆる疲れ目というものは眼疲労と呼ばれており、眼精疲労は、眼疲労状態を長い間に渡って放置し続けることによって慢性化した状態のことを意味しています。この状態になってしまうと、目に大きなストレスが加わって、いくら目を休めても回復することができなくなってしまいます。目の充血や霞を伴うことが多く、酷くなってくると頭痛や吐き気を感じることもあります。中には便秘を発症する人さえいるようです。この状態を放置し続けると、最終的には視力の低下につながってくることになります。さらには、そこから発生する様々なストレスによって、うつ病などを併発してしまようなケースも発生しています。

目に十分な栄養を送ること

眼精疲労状態を避けるために重要なことは、こまめに目を休ませることです。ちょっとでも目に疲れを感じたら、そのまま無理して作業を続けるようなことは避け、いったん手を止めて休憩を取るようにしましょう。その時には、目の血行を促すことをするのが大切です。より具体的に言えば、目に十分な栄養素を送り込むことが重要になってきます。そのためには、ブルーベリーのような目に良いとされている食べ物や、アントシアニンやルチンのような目に良いとされている栄養素を多く含有しているサプリメント等で摂ることが大切です。こうした栄養素は体内で消費されるスピードも速い為、一日数回に分けて摂る等の工夫が大切です。眼精疲労を防止するためには、まず何より目の疲れを取る習慣を身に付けることが大切です。